邪気を払うために、節分にいわしの頭を柊にさして

戸口などに立てておく習慣があります。

柊は葉の棘が鬼の目を刺す意味があり

いわしを焼いて、いわし臭くなった家には

鬼も寄りつかず、また悪い霊が迷い込むことを

防ぐ意味があると言われています。

その風習から、節分にいわしを食べる習慣が

生まれました。

当社では10月下旬から節分のご商談が始まり

年内に頂いたご注文は専業メーカーの生産力を活かし

欠品する事なく安定した生産を心がけております。

copyright© OGURA SUISAN Inc. all rights reserved.